看護師として地域に恩返し

急性期看護 看護師 森脇千浩

 今年度より急性期看護へ配属になりました。念願の看護師となり、不安と期待でいっぱいでしたが、公立邑智病院の職員の皆様に、時に優しく、時に厳しく指導して頂き、毎日一生懸命業務に励んでいます。小さい頃から、お世話になった地域の皆様に少しでも看護の形で恩返しできるよう、これからも頑張っていきます。

 

看護師として邑智病院に就職して

急性期看護 看護師 日原慈子

 准看護師の資格取得時、看護師の資格も取得したいと思っていました。人生の岐路に立った時、通信で看護学校へ通うことを決め、仕事と勉強を両立しながら国家資格を取得することができました。

 県内の病院紹介の冊子の中に邑智病院が紹介されており、PNSでの看護提供方式や職員紹介欄での職員の素敵な笑顔が目にとまりました。

 再就職に不安はありましたが、縁あって就職することになりました。慣れない地での不安と久しぶりの医療現場で緊張していますが、スタッフの心遣いがあり、また、先輩看護師の指導により日々業務を行なっています。患者さんからの「ありがとう」と言う言葉を励みに感謝の気持ちを忘れず、笑顔で頑張っています。

 

介護福祉士の資格を取得

回復期看護 介護福祉士 松島麻里

 私は6年前に看護助手(アシスタント)として、働き始めました。病院での勤務は初めてで、日々不安に押しつぶされそうな状況でした。しかし、病棟の先輩方である看護師や看護助手の方々に的確な指導や助言などをいただき、少しずつ看護助手としても病院職員としても自信が持てるようになりました。

 そして、患者さんと接していく中で、もっと知識や技術を身につけたい、患者さんのお役に立ちたいと介護福祉士を目指し資格を取ることができました。資格取得後も、私自身の対応や援助を患者さんに喜んでいただき、「ありがとう」と感謝され、よりやりがいを抱くようになりました。

 邑智病院は地域に根付き、地域に必要とされている病院です。これからも患者さんの心身に目を向け、笑顔になっていただけるよう看護助手・介護福祉士として、日々精進していき、微力ながら私も職員の1人として貢献していきたいと考えています。