リハビリ集合写真

 当院のリハビリテーション科では理学療法士7名、作業療法士5名、言語聴覚士1名が在籍しています。複数の療法士によって客観的な評価を行い、治療方針を多職種で共有し質的・量的に安定したリハビリテーションの提供を行なっています。

 退院に向けた支援としては家屋環境の調査を行い、動作の確認や家屋改修の提案、福祉用具の選定なども行っています。リハビリ時間以外にも患者さん一人で行える練習方法の指導やご家族への介助指導なども行なっています。また、地域の中核病院として、質の高いリハビリテーションを提供できるよう知識・技術等の自己研鑽を図っています。地域活動としては、地域住民の皆様に対して出前講座を行うなど幅広い範囲で支援させて頂いています。

理学療法

 理学療法は、病気、けが、高齢、障がいなどによって運動機能が低下した状態にある方に対して運動機能の維持・改善を目的に運動療法、物理療法などを行います。

 日常生活の中で当たり前のように行われる基本動作(寝返る、起き上がる、座る、立ち上がる、歩くなど)が難しくなった場合に、関節の動きを良くする、筋力をつける、動作練習をするなど、自宅での生活場面を想定したリハビリテーションを提供しています。

 

作業療法

 作業療法は、心や身体にさまざまな障がいをもたれた方に対して、各種評価、作業や活動を通して生活に必要な動作や社会に適応するための能力の回復を目指した介入を行います。作業療法写真

 食事、更衣、排泄、入浴などの日常生活動作や、洗濯、炊事、掃除、買い物などの手段的日常生活動作の改善に向けて、患者さんの生活場面に対応したリハビリテーションを提供しています。その他にも、患者さんにあった自助具の選定なども行なっています。

 

言語聴覚療法

 言語聴覚療法は、失語症、構音障害などことばによるコミュニケーションに支障がある方に対して検査・評価を実施し、必要に応じた訓練、指導、助言を行い能力を十分に発揮できるように支援していきます。

 また、食事の飲み込みなど、摂食・嚥下に支障がある方に対しては、必要に応じて検査・評価を実施し、訓練、食事の形態を調整するなどのリハビリテーションを行っています。

訪問リハビリ

 当院の療法士がご自宅を訪問し、実際の生活の場で行うことのできる運動や家族へ介助の仕方、環境整備のアドバイスなど療養に必要な指導を行い、より充実した生活が送られるように支援しています。

訪問リハビリに関するお問い合わせ: ☎0855-95-2111(地域連携室)